リフォームセンター浜松は、施工する人の顔がわかるスペシャリスト集団です。

洗面化粧台のリフォーム

毎日使っている洗面化粧台。

でも、もう少し収納スペースがあったら…もう少し幅が広ければ…
洗面器がもっと大きいといいのだけど…
掃除をするのが大変…

そんな風に思った事はありませんか?
洗面化粧台の交換理由の一番は「老朽化」。

ですが、近年では洗面化粧台に対する要望が、「機能」や「快適さ」、「デザイン」など家族のライフスタイルの変化によって多様化してきています。

現在は、そんな要望に応えた洗面化粧台が各メーカーから多く開発されています。
その中から、主なメーカーの一覧とメーカーの特長を一部ご紹介いたします。

おすすめの洗面化粧台メーカー

リフォームセンター・浜松では、「LIXIL(INAX)」と「トクラス」の洗面化粧台を標準仕様設備として取扱いしております。お客様のご希望がございましたら、その他のメーカーでの対応も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

※マンションなどの場合は、標準仕様の設備ではなくマンション用の設備となります。

LIXIL

リクシルの洗面化粧台は、上質な空間を創り出す「ルミシス」や、自分時間を大切にする「ミズリア」、家事の効率と使いやすさを工夫した「L.C.」、そして家族みんなの使いやすさを考えた「ピアラ」など様々なタイプがあります。
機能面でも、お掃除のしやすい「てまなし排水口」や「ボウル一体型カウンター」、エコな「エコハンドル」や「LED照明」、あると嬉しい「ウェットパレット」など便利な機能が付いています。

トクラス

トクラスの洗面化粧台は、ボウル形状から収納まで自分好みに選べるタイプや、デザインにこだわれるタイプ、間口や奥行きなどスペースを有効活用できるタイプ、便利な機能が満載タイプなどの様々なタイプがあります。
最大の特長は、トクラス独自に開発された人造大理石。
汚れがつきにくく、細かな傷は磨くだけで簡単に修復できます。さらに物を落とした時の衝撃にも強く、割れにくい素材です。

その他のメーカー

タカラスタンダード
TOTO
クリナップ
パナソニック

※メーカーは上記以外にもあります。