リフォームセンター浜松は、施工する人の顔がわかるスペシャリスト集団です。

制震ダンパーミューダムってなに?

2016/11/23

こんにちは!ミワですニコニコ

最近、だんだんと会社の周りの木々が色づき始めています音楽

 

 


秋ですねぇ~にんまりびっくり
と言っても11月ももう終わりびっくり
毎年毎年思う事ですが、早いびっくり
そして寒くなってきましたねわーん
明日から急激に寒くなるようなので雪
みなさん風邪には気を付けてくださいねびっくり
--------------------------------------------------------------------
さて、今日は木造住宅用制震ダンパー ミューダム(μ-DAM)のお話です。

制震ダンパー ミューダム(μ-DAM)とははてな
世界初の金属流動ダンパーのことです。大臣認定取得済み!揺れ幅85%低減で60年以上の耐久性があり、重さは7kg、ビスは46本です。



金属流動って???
アルミと鋼材を強く押し付けたままスライドさせようとした時、両者の接触面が焼き付き、完全接着され、それでも無理やりスライドさせた時、鋼材より柔らかいアルミが、グニュグニュと動き始める現象のことです。さらにスライドを繰り返しても、アルミは餅のように揉まれて、その摩擦抵抗力を保持します。
金属流動後に剥がしたアルミ板の表面(大容量ダンパーの場合)。アルミ原子の美しい破面と鋼材からの剥離面が混在しているのが観察できます。


制震ダンパー ミューダム(μ-DAM)の構造
内鋼管と外鋼管が刀と鞘のように二重構造になっていて、スライドできる筋交いのことです。
そのスライド部分にボルトで強く締め付けたアルミ板を仕込んでおり、地震時に伸び縮みをして摩擦し、そこで金属流動という現象が起きます。一般的な摩擦は接触面で滑り、摩耗し、粉がポロポロ落ちて滑りの抵抗力が低下しますが、金属流動はそれが一切なく、ほとんど抵抗力が低下しません。この抵抗力で地震エネルギーを熱エネルギーに変換し、揺れを減らすことができるのです。


下制震ダンパーミューダム(μ-DAM)の特長をまとめると下
・世界で初めて「金属流動」を利用してつくられた
・繰り返しの地震に強く、温度にも速度にも依存せず、
 常に一定の性能を発揮
・国土交通大臣の壁倍率認定を取得(適用範囲も広範囲)。
・揺れ幅85%低減、60年以上の耐久性を持つ
・九州大学との10年以上にわたる共同開発の結晶である

阪神・淡路大震災(1995年)規模の揺れで「繰返し振動実験」を実施した結果
右48回受けても、ほとんど強度が落ちる事はなかったというデータもでています。

※この実験の様子は、「ミューダム 振動実験」と検索していただければ、実際に動画でみることができますので是非ニコニコ

弊社は今、この制震ダンパーミューダム(μ-DAM)に注目しております。
ベストの物件にも取り入れております。もし、

・制震ダンパーミューダム(μ-DAM)について知りたい。
・制震ダンパーミューダム(μ-DAM)の設置を考えている。


等ございましたら、お気軽にご連絡ください。



泉1丁目モデルハウス「ぬくもりの家」も常時見学できます
家見学希望の場合は、スタッフがおりますので、
お気軽に本社までお越しくださいませ


浜松豊橋岡崎
一戸建てを建てるならベスト・ハウジングにお任せください!